JavaScript初心者のための超独学勉強法

JavaScript

JavaScriptとは

JavaScriptとはプログラミング言語の一つです。Webサイト構築に主に用いられ、たとえばサイト上の文字を動かしたり、ある部分をクリックすることにより隠されているコンテンツを表示するなどのように、サイトを動的なものとするために有用であり、現在ではhtmlとセットで学ばれることの多い言語です。Javaというプログラミング言語の名前を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、それとはまったくの別物ですのでご注意下さい。

JavaScriptの誕生は1995年までさかのぼられます。開発したのはネットスケープコミュニケーションズという会社のブレンダン・アイクというエンジニア。開発当初はLiveScriptという名前がつけられていましたが、先述のJavaを開発したサン・マイクロシステムズ(現オラクル)とネットスケープコミュニケーションズが業務提携をしていたこともあり、JavaScriptという名前に変更されたそうです。

JavaScriptは、C言語のような初期に開発されたプログラミング言語と、PythonRubyのような最近開発されたプログラミング言語との中間くらいの難しさを持っていると言えます。例えば変数を宣言するとき、C言語では型を指定して、”int a=1;””char b=”b”; ”などのようにしなければならず、またPythonRubyでは型の指定どころか変数の宣言もせずいきなり” a=1 ”” b= ”hello” ”と書いてよいのですが、JavaScriptでは変数は型にかかわらず”var”で宣言します。このようなJavaScriptの特徴は、JavaScriptを覚えると他のプログラミング言語の習得もしやすい、ということにつながります。PythonRubyは簡単であるものの、慣れすぎてしまうと他の難しい言語を習得する際に少々混乱を生じる恐れがあり、かと言ってC言語のような難しいものは初めから挫折してしまう恐れがあります。難しさについてはその中間くらいに位置するJavaScriptは、プログラミング初心者が最初に学ぶべき言語として勧められる、と言えるでしょう。

先述の通りJavaScriptは主にWebサイトを動的なものとするために用いられますが、その使いやすさゆえに、JavaScriptを用いた様々なアプリケーションが開発されています。

JavaScriptでできること

先述の通りJavaScriptについてはWebサイトを動的なものとすることが主たる用途であり、htmlとセットで習得することで、フロントエンドエンジニア(ユーザーから見ることができ、直接やりとりできる部分を担当するエンジニア)になることができます。また、JavaScriptが基盤となっているアプリケーションやフレームワークが様々あり、JavaScriptだけでなんでもできる、と言っても過言ではないくらい、その用途は幅広くなっています。

たとえば、それらのアプリケーションのうちの一つであるAngular Jsは、Rubyによって作られたRuby on RailsPythonによって作られたDjangoのような、Webアプリケーションを開発するためのフレームワークです。また、Node.jsというサーバーサイドのプログラミングが可能な環境も構築されています。フロントエンドプログラミングが主な用途であるJavaScriptですが、バックエンドの開発までもが出来るほどの進化を遂げています。

また、htmlJavaScriptでスマートフォンのアプリを開発することもできます。通常はiosアプリならばSwiftという言語が、androidアプリならばkotlin(コトリン)という言語が開発に用いられますが、Monacaというサービス(https://ja.monaca.io/)を使うと、htmlJavaScriptWebサイト開発をする感覚でスマートフォンアプリを作ることができ、しかもiosアプリとandroidアプリの両方を作ることができます!もちろんこうしてつくられたアプリはappstoreGoogle Playで実際にリリースが可能です。

初心者におすすめであり、なおかつ用途の幅広いJavaScriptは、プログラマーを目指すならば是非とも習得したい言語です。

JavaScriptを独学で勉強する際の注意点

これはどんなプログラミング言語を習得する際にも言えることなのですが、まずはプログラミングを覚えて何をしたいのか、という目標を明確にする必要があります。とくに独学ではモチベーションの維持が困難なため、目標を意識することがとくに重要になります。

プログラミングで何をしたいのかが明白になったら、その勉強に適した書籍やプログラミング学習サイトを探しましょう。とくにこのときは、漫然と多くの著書を読んだり、多くのプログラミング学習サイトに登録して利用するよりも、一冊に絞り精読したり一つのサイトだけに専念する方が効率が良いです。一冊の書籍・一つのサイトに書かれた内容を理解できるころには、プログラミングスキルは飛躍的に伸びているはずです。

上記の二点を守ることができれば、JavaScriptはそこまで難しい言語ではないため、比較的容易に習得できることでしょう。先述の通りJavaScriptを覚えれば他のプログラミング言語の習得が容易になることが十分考えられるため、汎用性のあるスキルを得ることをモチベーションに、JavaScriptを勉強していきましょう!

JavaScriptのおすすめ独学勉強法

先述の通りフロントエンドからバックエンド、スマートフォンアプリ開発まで様々なことのできるJavaScriptですが、どのようなプログラムを作るにあたっても、「for文」や「関数」などの、プログラミングすべてに共通する考え方を会得すること必要です。そのため、JavaScriptを使って作りたいものがあるとしても、あなたが全くの初心者であるならば、まずは焦らず基本的な事項から習得していくべきです。

JavaScriptに限らずすべてのプログラミング言語の習得のためには、何はともあれ手を動かすこと、つまり自分でコードを書いてみることが重要です。そのためには、書籍よりもプログラミング学習サイトがおすすめです。以下におすすめのプログラミング学習サイトを紹介していきます。

Progate

最もメジャーなプログラミング学習サイトなのではないかと思われるのがこのProgate。スライドを見て学習したあと演習問題を解く形式の学習スタイルで、まるでRPGのように各ユーザーにはレベルが設定されており、レベルアップを楽しみながらプログラミングスキルを上達させていけます。学習できるプログラミング言語はJavaScriptはもちろんのこと、htmlからPythonRuby、はてはGo言語のような新興の言語まで様々にカバーしています。無料プランだけでもかなりの学習量が見込めますが、有料プランでは月額980円とリーズナブルながらも、一つの成果物を完成させていくゴールのもとでの学習形式が可能となり、実力がつきます。

ドットインストール

最も老舗と言えるプログラミング学習サイトがドットインストールです。動画を見て学習する形式で、学習できるプログラミング言語の数はProgateよりはるかに多くあります。こちらも有料プランの月額は980円で、幅広いコンテンツが利用できます。動画で学習する形式に慣れれば、ドットインストールは非常におすすめされるサイトです。

Techpit

プログラミング学習サイトの中でも少し変わり種の、各人が教材を販売する形式のサイトがこのTechpitです。各教材は何か一つの成果物を完成させることで学習する形式で構成され、基礎を習得したあとに何かを作ろうとしたとき、他のプログラマーのアイデアに触れることができるという点が特徴です。

Udemy

Udemyでは、MOOCと呼ばれるサービスの一種で、プログラミングコースを中心にいろんなジャンルのコースが販売されています。高いものでも、1コース24,000円になっています。

でも、Udemyでは頻繁にセールが行われるので、2000円以下で1つのコースを購入できることもあります。月1くらいの頻度でセールが行われていますので、チェックしてみると良いかもしれません。(Udemyはこちら)

受講するかどうかは、レビューをみたり、コースの紹介ページを確認して、あなたに合っているかどうか確認して決めることをお勧めします。

上記のようなプログラミング学習サイトで基礎を会得したあとは、あなたの目的に合った書籍を選び、成果物を作っていくことを目指しましょう。それが完成するころには、あなたのプログラミングスキルは飛躍的に伸びていることでしょう。

繰り返しになりますがJavaScriptは比較的容易に習得でき、それでいて汎用性が高く、かつ他のプログラミング言語を習得するための基礎となりうるものです。プログラミングをはじめてみたい、という方には非常におすすめのプログラミング言語です。あなたも挑戦してみてはいかがですか?

Udemyコースはクーポンで安く受講できるって知ってました?

下のボタンから好きなコースを割引で受講できます。

クリックしてコースを割引で受講する。

Udemyコースをクーポンで安く
受講しませんか?

詳細は下のボタンをクリック