Coincheck社長・和田晃一良の経歴とは?仮想通貨(NEM)の不正流出でBitcoinが暴落?

Bitcoin(ビットコイン)

本日、仮想通貨が大変なことになっていましたね。

出川哲朗さんがCMに出ていることで有名な、Coincheckですが、仮想通貨(NEM)約580億円相当が不正に流出したとありました。

今まで、NEM1億円ほど投資をしていた方も多いそうですね。他にも、藤崎マーケットのトキさんといった有名人も被害に遭われたそうです。(たむけんさんが芸人仲間に仮想通貨を勧めていたそうです。)

さて、この事件で気になってくるのは、Cooincheckの社長がどんな方なのかということではないでしょうか。

和田晃一良社長の経歴とは!?

Coincheckの社長は、和田晃一良さんです。年齢が現在27歳ということで、かなり若い社長さんです。

西武学園文理高校を卒業後、東京工業大学へと進学されているエリートですね。大学在学中に、知人と一緒にレジュプレス(現Coincheck)を創業したのをきっかけに、中退されています。

現在は、日本仮想通貨事業者協会理事や日本ブロックチェーン協会監事もやられていますね。

それなのに、なんで今回の事件は起きちゃったんだろう。。。

仮想通貨NEM(ネム)は、なぜ不正流失したのか?

今回の騒動では、マウントゴックスの470億円を超える、580億円相当の仮想通貨NEM(ネム)が流失してしまいました。

なぜ流失したのか気になりますよね。

それで、調べてみると、どうやら外部からのハッキングだそうです。

とはいっても、仮想通貨はブロックチェーンで安全なんじゃないの?と思いますよね。私も仮想通貨は全然知らないんですけど、どの記事を読んでみても、結構安全なんじゃない?と思ってしまうような内容でした。

しかし、今回流失した仮想通貨NEMは「マルチシグ」という送金時に複数の署名を必要とするシステムが導入されていませんでした。

セキュリティーが甘かったために起きてしまった事件だったんですね。

仮想通貨は暴落!?

ということで、今回の仮想通貨の流失によって、仮想通貨全体で暴落するんじゃないかという不安があるかと思います。

日経新聞によると、

コインチェックの取引停止を受けて仮想通貨は軒並み下落した。情報サイトのコインマーケットキャップによるとNEMの価格は5時間で約2割、ビットコインも約1割下落した。

とあります。そりゃそうですよね。こんな大事件が起きたんですから。

今回の事件で、Bitcoinをはじめとする仮想通貨の安全性に不安を覚えた方も多いと思います。私は以前から、仮想通貨はまだ信用できないなと思っていたんですが、より信用できなくなりました。

とはいっても、セキュリティーがしっかりできていて、法整備も整えば広く普及していくのではないかとも思っているんですけどね。

Udemyコースはクーポンで安く受講できるって知ってました?

下のボタンから好きなコースを割引で受講できます。

クリックしてコースを割引で受講する。

Udemyコースをクーポンで安く
受講しませんか?

詳細は下のボタンをクリック